レーザー脱毛は保湿をすることで脱毛効果が高まる

レーザー脱毛は保湿をすることで脱毛効果が高まる

レーザー脱毛前後にはしっかり保湿をすることが重要です。保湿をすることで脱毛効果が高まることが期待できます。

 

レーザー脱毛前の保湿には痛みを和らげる働きがあります。乾燥している肌は肌を保護するバリア機能が低下しているので痛みを強く感じます。レーザー脱毛の痛みは強く、針で刺されるような痛みと表現する人もいます。でも、しっかり保湿をしておけば痛みが軽減するので安心してください。

 

痛みを強く感じると出力をうまく上げることができないので脱毛効果が減少します。保湿をしていれば痛みを感じにくくなり、出力を上げることができて脱毛効果が高まることが期待できます。
施術の2,3日前から入念に保湿をしましょう。入浴後は肌が乾燥しやすいので特に念入りに保湿をしてください。

 

レーザー脱毛後も保湿が重要です。肌を保護して乾燥による肌トラブルを防ぐ役割があります。

 

レーザー脱毛は毛に熱エネルギーを吸収させてムダ毛を処理しています。そのため、肌が熱を持つようになり軽いやけど状態になっています。肌のバリア機能は低下して外部刺激に敏感になり、乾燥しやすい状態です。お手入れを怠るとどんどん肌の水分が蒸発して乾燥肌になってしまいます。乾燥はニキビ・くすみ・肌荒れなどさまざまな肌トラブルの原因です。乾燥肌は毛穴が固く開きにくくなるので、ムダ毛が自然と抜け落ちるのを妨げます。

 

レーザー脱毛を受けた後は刺激が少ない保湿剤で入念にお手入れしましょう。

 

おすすめの保湿方法は化粧水をたっぷり使ってから乳液やクリームを使用することです。化粧水をたっぷり肌にしみ込ませて潤いを与えましょう。顔であればパックをしてもよいです。湿らせたコットンに化粧水をしみ込ませて、コットンを顔に張ってパックします。長時間パックをしているとコットンに水分が戻ってしまうので3分以内にしてください。化粧水で与えた潤いを閉じ込めるために乳液やクリームを使用します。クリームはべたつくから苦手という方も、レーザー脱毛後はクリームを使用するのがおすすめです。